西船南口整体院

西船橋カイロプラクティック

Telephone icon

047-402-3915

平日10:00~21:00 土日・祝10:00~20:00 定休日:木曜日

当院について

施術コース

料金

よくある質問

予約について

お客様の声

お知らせ

通販ページ

\当日予約OK!/
お電話ですぐに予約する
\LINEからも予約可能/
WEBからすぐに予約する

お知らせ

2022.04.08
ファスティング
赤ら顔改善のための食事と対策

こんにちは。

 

【赤ら顔】

赤ら顔とは、顔が赤くなった状態を指します。「酒さ」とも言われます。

たとえば、暖かい場所にいてほてったときや、お酒を飲んだときなど、誰しも顔が赤くなる経験をしたことがあると思います。このようなケースは、身体の生理的な反応として出現していますので、通常は時間の経過とともに自然と赤みは引いていきます。

しかし、こうした反応とは違う、さまざまな原因で顔の赤みが長く続いてしまうことがあります。

 

【原因】としては、医学的にはっきりとはしていないようです。その中でざっくりとこう言われています。

1,腸内環境の悪さ(リーキーガット症候群)

便秘、下痢、鼻炎や花粉症のアレルギー症状。

2,過剰な皮脂

3,ストレス(交感神経優位)

サプリを過剰に飲みすぎているけど改善しない。他に症状がまったく無いが赤ら顔だけ治らない。

【対策】

1,精製された糖質、アルコール、オメガ6、小麦粉、乳製品などの摂取を控えていく。

これらによって腸内に穴をあけてしまう病気です。10割は難しいと思うので7~8割を2週間絶ってみてください。

 

2,代謝しきれなかった油が皮膚を通して外に出てしまっている。

ビタミン群の不足・・・特にビタミン2、ビタミン6。特に脂質代謝に必要である。

ビタミン群をたくさん摂るよりも、1,で先に述べた食材の摂りすぎでビタミンを消費してしまうことが問題。

和食中心にすること。摂取した栄養を細胞まで届けるタンパク質もしっかり摂る。

 

3、肌は自分に対する感情を反映していると言われています。

やさしい肌は自分をやさいいと、肌が赤いという事は自分に対して恥ずかしい存在や罪悪感などの感情があるといえます。

自己肯定感を高めていくことも必要です。

 

【コロナウィルス対策実行中】

消毒と換気、マスク着用、アルコール消毒の徹底。お一人お一人必ず行っています。
他の方と会わないシステム、一人整体院で広い個室空間で安心。

 

では。

こちらも併せてどうぞ<m(__)m> 

     ↓↓↓↓↓  フォローおねがいします!

https://www.instagram.com/nishifuna_chiro/?hl=ja

インスタグラム

https://ameblo.jp/nishifuna-chiro/

以前運用していた院長ブログ

http://nishifunachirokaatsu.blog.fc2.com/

以前運用していた加圧ブログ